キャデラックATSクーペ

2015 Cadillac ATS Coupe

キャデラックと言えば高排気量で大きな車体、豪華なインテリアといった特徴を思い起こすアメリカを代表する高級セダンですが、キャデラックATSクーペは従来のそういったイメージとは少し毛並みの違うモデルです。ベースはATSセダンであり、フロントセクションは共通なのですが、ルーフから後ろ、リアフェンダーやトランクリッドはクーペ専用のデザインとなっており、よりコンパクトでスポーティーなシルエットになっています。

クーペ特有のスタイリッシュさがある

しかしそれでもキャデラック本来の重厚感、高級感を失っておらず、全体的にシェイプされたことでよりエレガントな印象が強くなりました。フロントグリルのエンブレムも健在で、実は近年エンブレムデザインが若干変更されたのですが、しかし一目でそれとわかる特徴を失っていません。そしてインテリアはさすがの高級感で、細部まで高い縫製技術で仕上げられたレザーシートや分割可動式のリアシートによりクーペ特有の窮屈な居住性を感じさせません。

インパネやステアリングもATSセダンと基本的に同じでしっとりとしたツヤの木目やクロームを多用しています。見やすいフルカラー液晶のドライバーインフォメーションセンターは自分の好みにカスタマイズでき、エアコンやオーディオの各操作はスマートフォンやタブレット感覚で行う事ができます。心臓部であるエンジンは2リッターの直噴ターボで、かつてのアメリカの自動車と比較するとこじんまりとしたものですが、280馬力近い出力、40kgm以上のトルクが発生するのでストレスのない走りを体感することができます。

近年は街中でよくベンツやアウディ、BMWといった高級セダンが走っているのをたくさん見かけ、そのデザインをかなり意識している国産車もそれ以上に多く走っているので個性的なデザインの車を見かけ難くなっていますが、その点キャデラックATSクーペはメ―カーの特徴を保ちながらも個性を演出することのできる稀有なモデルと言えます。


PAGE TOP