キャデラックATS

ats

キャデラックATSは、アメリカの自動車メーカーゼネラルモーターズ(GM)の高級車ブランドであるキャデラックから販売されている高級セダンです。同ブランドのCTSの下位モデルとして2012年に登場しました。2013年には北米カー・オブ・ザ・イヤーを受賞しており、アメリカ国内では高い評価を得ています。ただ左ハンドルのみの設定であるため、左側通行の国では、日本以外には輸出されていません。

プラットフォームは従来のシグマⅡプラットフォームではなく、それをさらに軽量かつコンパクトにした新開発のアルファ・アーキテクチャと呼ばれるプラットフォームが採用されました。このプラットフォームは後輪駆動車専用のプラットフォームで、前後の重量配分が50:50になるように作られており、コーナリングの良さに貢献しています。ボディには高張力鋼が多く使われ、大幅な軽量化を実現しています。

ATSの燃費性能

エンジンは、燃費の良いエコテックと呼ばれる直4 2.0L 直噴DOHCターボエンジンと直4 2.5L 直噴DOHCエンジン、さらにV6 3.6L 直噴DOHCエンジンの3種類のエンジンが用意されています。また、すべてのエンジンに可変バルブ機構が備わっています。サスペンションはフロントがストラット式、リアがマルチリンク式が採用され、トランスミッションは6速オートマチックを基本とし、 2.0Lのみオプションで6速マニュアルミッション車も選ぶことができます。ただ日本国内には2.5Lエンジン搭載車は輸入されず、売れ筋となっている2.0Lエンジン搭載車の6速オートマチック車のみが輸入されています。

エクステリアデザインの特徴は縦長のヘッドライトと大きなラジエターグリルです。インパクトがあり存在感をアピールしています。インテリアでは、Cadillac User Experienceが装備され、オーディオやエアコンなどの操作をモニター上で操作できるようになっています。


PAGE TOP