キャデラックSRX

srx

キャデラックのSRXは、2003年のデトロイトモーターショーでデビューしたミドルサイズのSUVで、エスカレードの下位モデルとして販売が開始されました。

プラットホームはセダンのCTSと共用し、エンジンはV8の4.6Lで5ATのトランスミッションとの組み合わさり、駆動方式はフルタイム4WDで、重量配分が50:50に近い値に設定されているので、スポーツセダンに匹敵する走行性能を持っています。

外観は直線基調のデザインとなっていて、内装は本革とウッドトリムを多用し、キャデラックらしい高級感が特長となっています。

日本での販売は2004年から開始され、2005年にV6の3.6Lエンジンが追加となり、2007年に右ハンドルの設定を追加し、このモデルから4.6Lエンジン車は6AT化されました。

2009年にフルモデルチェンジを行い、日本ではSRXクロスオーバーという名称で2010年から販売が開始され、プラットフォームはFFベースに変更され、エンジンはダウンサイジングによってV6の3.0Lになり、トランスミッションは6ATで、駆動方式は前後駆動力配分を100:0から0:100に調整する電子制御LSD付きのフルタイム4WDとなります。

デザインはクーペ風のスタイルを強調し、内装はクラフトマンシップに基づく入念な作り込みが高い品質を確保していて、日本では左ハンドルのみの展開となります。

2013年に2代目SRXのフェイスリフトを行い、外観の基本デザインは受け継いでいますが、ヘッドライトやグリルのデザインを変更し、リヤにはLEDのテールランプを採用し、このモデルが現行モデルとなります。

また、インフォテイメントシステムであるCadillac User Experienceと呼ばれるインターフェイスが搭載され、様々な情報やエンターテインメント・システムが簡単に操作できるようになり、このような統合的なシステムが搭載されるのは、業界初となっています。


PAGE TOP